未熟者の哲学語り

未熟者の哲学語り

能力的には凡庸でありながら、「考え過ぎる」性を身に宿してしまう。そんな男のはけ口のブログ。

生まれ変わったら男か、女か?そりゃ、女でしょ 【男→女】

どうも、ハイネスです。 突然ですが、皆さんは生まれ変わるとしたら男性と女性どちらがいいですか? 力強い印象の男性か、美しい印象の女性か。 大まかに分けるとこういう選択になりますかね。 今の性別と同じにするか、それとも違うのにするかでも迷いそう…

「社交的」には誰でもなれる!たった1つのことを意識するだけでいい

この世界には2種類の人間がいる。 1つは、内向的な人間。 そして、もう1つは、社交的な人間だ。 では、この2種類の人間の間にある差はなんなのだろうか? はたして、内向的な人間は社交的な人間になることができるのだろうか? …っといった所を今回は綴…

【徹底考察】なぜ「性欲」を語るのは恥ずかしいのか?

どうも、ハイネスです。 突然ですが、皆さんは「性欲」 というワードを聞いて、なにを連想しますか? また、その連想したものを他人に対して答えることができますか? 「そんな恥ずかしいことできない」という人が多いのではないでしょうか。 かくいう私も「…

ソシャゲをやっていると、常にデータ(アプリ)を消したい欲求に駆られる件

どうも、ハイネスです。 突然ですが、皆さんはソーシャルゲール、いわゆるソシャゲをやっていますか? スマホを持ってる人なら、一度くらいはやったことがあると思います。 かくいう私も、そのソシャゲを楽しんでいる一人です。 というのも、私は今までまあ…

Flashタイピング【寿司打】から学ぶ成功を積み上げることの難しさ

皆さん、『寿司打』を知っていますか? 昔やったことがあって、懐かしく感じる人も多いと思います。 特に、タイピングする機会が多い人は高確率でやってるはずです。 かくいう私も『寿司打』を現在進行形でたまに嗜んでいます。 でも、『寿司打』をプレイす…

【考察】カフカの『変身』 朝起きると自分が一匹の巨大な虫になっていた。君ならどうする?

先日、以前から興味があったカフカの『変身』を読みました。 変身 (新潮文庫) 作者: フランツ・カフカ,Franz Kafka,高橋義孝 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1952/07/28 メディア: 文庫 購入: 18人 クリック: 359回 この商品を含むブログ (359件) を見る …

「夏休みの課題を最終日ギリギリにやる精神」から読み取る人間の認識能力の限界

どうも、ハイネスです。 私は現在、大学生として2年目の夏を過ごしております。 そこで今、大学生から子供たちに向けて言いたいことがある。 夏休みを満喫している小・中・高校生の諸君、 もう夏休みも後半に突入しているぞッ!(8月13日現在) まだ宿題終わ…