未熟者の哲学語り

知識ゼロだが「哲学」で幸せになるわ

人、作品、自己啓発についての考察記事を書いていきます。ただし、メインコンテンツは筆者の「自己肯定論」です。

「日本批判」「国家批判」に抱く違和感

Twitterやブログなどをやっていると、「今の国家を否定する」人たちを定期的に目にする。 そもそもの日本の国民性を否定したり、もうどうしようもないとか嘆いている人がいたりもする。 「もうこの国はダメだ。」 「なぜ君たちは気づかない。」 「日本人には…

ブログ運営で嬉しい事ランキング1位「コメントを貰うこと」

今日はちょっと気分が良いから、ブロガーっぽい記事書いてみちゃおっかな! 題材は、「ブログを運営していて一番嬉しいこと」。 僕が選ぶこと、 それは、 コメントを貰うこと!!!!! 何と言ってもこれが一番嬉しいんだなあ。 もうほんとに、コメントだけ…

自分の感情を上手く表現できない人の3つの特徴と解決策

「他人に対して怒りを感じても、直接怒ることができない」 「総じて、喜怒哀楽を人の前で晒すのが苦手だ」 このような悩みを抱えてる人は多いと思う。 こういった人たちは、他の人の前で「自分を表現する」のが苦手であるがゆえに、日常生活で人と関わるのが…

そこの生きづらい人!気づいてくれ!君はHSP(敏感な人)かもしれないんだ!!

「自分は内向的かもしれない」と思っている人は、この記事を読んでいってくれ! 「自分は敏感で人と話すと疲れやすい」という人も、この記事を読んでいってくれ! 内向的・敏感、これからのワードに心当たりがあるなら、あなたはHSP(ハイリー・センシティブ…

根暗な人間でも「自己肯定」できることを、3つの例示から証明する

僕の好きな分野の一つに、自己啓発というものがある。 「色んなテクニックを試して、毎日をより良くしていこう!」 「今、世界で活躍している人たちはみんな実践しているよ!」 自己啓発とは、こんな感じの甘い言葉をあげつらう行為のことを指している。 そ…

漠然とした不安を打ち消すのに「自己愛」が不可欠な理由

現代社会、人々の抱える大きな悩みの一つとして「将来への漠然とした不安」が挙げられると思う。 「何となくだが自分の将来に対して不安を感じる」 「これから先、不幸な未来ばかり見えてしまう」 こうした言い寄れぬ不安に苦しんでいる人は少なくない。 か…

小鬼殺し(ゴブリンスレイヤー)に激しく感情移入する男(テツガクスレイヤー)

ゴブリンスレイヤー(1) (ビッグガンガンコミックス) posted with ヨメレバ 蝸牛 くも,黒瀬 浩介 スクウェア・エニックス 2016-09-13 Amazon Kindle 楽天ブックス 漫画『ゴブリンスレイヤー』を読みました。 いやあ、面白かったです。 ストーリーの独自性、絵…

僕が死ぬまでブログを辞めないであろう理由【無形恐怖症】

おそらく、 おそらくだが、 僕は死ぬまでブログを辞めることはないだろう。 事実、このブログは去年の4月から始めて現時点まで約1年7か月続いている。 初心者が辞めてしまう分水嶺はとっくに過ぎていると思う。 過去に「3か月更新なし」を経験したこと…

加藤純一という男の持つ"魅力"について徹底的に分析してみた

どうも、Youtubeとニコニコが大好きな筆者です。 二か月ほど前、私はインターネットヒーローこと「加藤純一」さんについての記事を上げました。↓ この記事が意外にも、多くの人に見てもらえているようです。 Googleで『加藤純一』と検索すると、ありがたいこ…

ヴェノムとかいう可愛すぎるヴィラン(悪役)wwwww【ヴェノム】

永遠に地球に住み着いてくれていいぞ。 ※この記事はネタバレを含みません。 「俺とお前は似ているな……気に入ったぞ」 「エディ、俺はお前がいないと生きていけない…」 最も残虐な悪() 関連記事 「俺とお前は似ているな……気に入ったぞ」 おいおい、どうした。…

おばけ・幽霊の存在を力でねじ伏せてみた【恐怖心の克服】

いやあ、10月も終わりということでハロウィンが近くなってきましたね。 友達と仮装して集まる人が多いんでしょうか。 (僕にはそんな友達いないわけですが) 楽しみですねえ。 ところで仮装といえば、皆さんはおばけや幽霊の存在を信じていますか? 信じてい…

このブログの宗教性について

最近ブログを書いていて思ったことがある。 「これ哲学じゃなくて宗教じゃね…?」 知識ゼロだが「宗教」で幸せになるわ どこら辺が宗教っぽいのか なぜ宗教っぽくなってしまうのか ①哲学とは解釈だ ②-を+にするのにエネルギーがいる 【結論】 知識ゼロだが…

僕がこの世で「最も価値のある」人間である理由

どうも、筆者のハイネスです。 (最近、ブログのもちべが減ってます。) 僕は普段の生活から「生きている実感」を得られたことがあまりありません。 普通に暮らしていても大きな感動が湧かないんです。 どちらかと言うと、落ち込んだりストレスを抱える方が多…

僕は生涯を通して、ずっと"考え"続けてきた

哲学といえば、難しい言葉や表現を使っていて分かりにくい印象が強い。 もはや哲学者たちは意図的に分かりづらくしてるまである。 そして、僕はそういう哲学の"分かりにくさ"が好きじゃない。 専門として職業として哲学を学んでいるならまだしも、趣味でやっ…

「考える」だけで自信は身に付くんだよなあ

ここ2週間くらい、アドラー心理学の「課題の分離」っていう考え方を日常で試してきました。 詳しくはこの記事で。↓ で、僕は日頃から数多の自己啓発論を実際の生活で使っているのですが、アドラー心理学を取り入れることで久しぶりに効果の高さを実感しまし…

「課題の分離」最強説【アドラー心理学を実践してみた件】

みんな大好きアドラー心理学。 私事ですが、アドラー心理学のまとめ本として有名な『嫌われる勇気』をつい先日読了しました。 読み終わった直後は、その内容の暴論具合にイライラしたので記事にもしています↓ ここで、「なるほど、良いこと書いてあるなあ」…

自分への否定を否定するという生き方

全ての人は常に、他人からの批判にさらされている。 「〇〇する奴はバカだ」 「〇〇した方が良いに決まってる」 ネットやテレビを少しでも見ていれば、こういう批判の対象に該当したことが一度はあるはずだ。 で、問題なのは、こうした意見にどう反応するの…

【解説】アニメSAOに出てくる女の子全員を5段階評価で格付けする【ソードアート・オンラインⅠ・Ⅱ】

SAOあるある言いたい。 アニメは1期より2期が好き。 でも、原作は読んでない。 聞いてないw ていうところで、本題に入る。 今回は、アニメSAOに出てくる女の子全員を5段階評価で格付けしたいと思う。 なお、できるだけ男の影を出したくないので主人公の…

「飢えろ!飢えろ!飢え続けろ!」"渇望"こそが幸せを生み出す

どうも、ハイネスです。 DaiGoさんの放送の内容を実生活に落とし込むことで、久しぶりに完全無欠の持論を構築することができました。 それは、「最も飢えた人間こそが最も幸せな人生を送れる」という持論です。 これを強く意識できれば、たとえ自分が他人よ…

デスゲーム(SAO)の世界でさえ僕は幸せになる【ソードアート・オンライン】

『ソードアート・オンライン(SAO)』のアニメ第3期の放送が決定したみたいです。 全4クールもやるなんて凄いですね。 さすが人気作品なだけあります。 で、新作の放送が近いということで、Huluでアニメ第1期を久しぶりに視聴しました。 1期では、「ネット…

僕の本質は「無意識を意識する」ことだったんだ【精神分析】

皆さんは自分の本質が何かと聞かれた時、正確に答えることができますか? ちなみに、僕は言えます。 僕の本質は「無意識を意識に変える」ことです。 これが全てだと言っても過言ではありません。 この性質があるせいで、僕は哲学的な世界に迷い込んだわけで…

衛宮士郎の理想はどこが間違っているのか【Fate/stay night [UBW]】

僕が会員登録しているHuluで『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の配信がやってたので、リアルタイムで見てたのと合わせて二度目の視聴をした。 改めて見て思ったが、映像、構成、キャラクターどれをとっても一級品だった。 特に、士郎とアーチャー…

アドラー心理学の"欠点"を指摘しよう

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え posted with ヨメレバ 岸見 一郎,古賀 史健 ダイヤモンド社 2013-12-13 Amazon Kindle 楽天ブックス アドラー心理学の極意が詰め込まれた本『嫌われる勇気』を読んだ。 さすが多くの人から支持されてるだけ…

"ウェーイ系"と"陰キャ"が絶対に交わらない理由

今回はあえて"陽キャ"と"陰キャ"の対立ではなく、"ウェーイ系"と"陰キャ"の対立を設定した。 なぜなら、僕のような陰キャからすれば、陽キャは無害だがウェーイ系は害になる可能性もあるからだ。 陽キャの進化系というか成れの果てがウェーイ系である。(ちな…

知り合いのインスタをみた。僕は悲しくて泣いた。【キラキラ投稿】

僕はInstagramをやっていない。 これからやるつもりも全くない。 でも、知り合いのインスタはめちゃくちゃ見る。 僕はやってないのに一方的に見てるわけだから、ストーカーだと思われてもしょうがないだろう。 だが、気になるものは気になるのだ。 周囲の人…

インターネット上の人付き合いで「怖い」と思う瞬間

皆さんはインターネットを活用する上で、怖い体験をしたことがありますか? どこまでが普通でどこからが怖いになるのかは人それぞれだと思います。 ちなみに私のようなコミュ障でビビり症の人間は、インターネットを利用していると怖いと感じる場面が多々あ…

「何気ない日常」に価値を感じることができない人間

私は「何気ない日常」を楽しめないタイプの人間です。 四季折々の自然の美しさや純文学で紡がれる趣深さなんかを、全くと言っていいほど理解できません。 「自然を見て何か得することがあるのか?」 「難しい言葉使いを見ても退屈するだけだ」 としか思えな…

人付き合いが苦手な人はどう生きていくべきなのか?【孤独は人を追いつめる】

どうも、人付き合いが苦手な筆者です。 私は、人付き合いが苦手ないわゆるコミュ障であることを高々と宣言しています。 (参照:我慢するのはもうやめた。【HSP:多共感・高感受】) 他人と話すだけで普通の人の何倍もストレスが溜まるので、普段からできるだ…

コミュ障の本質に気付いてしまった件 

どうも、コミュ障の筆者です。 0の科学的メソッドと2067の体験的スキルから築き上げた理論により、私はコミュ障の原因を突き止めてしまいました。 何が私たちをコミュ障たらしめているのか。 解説していきます。 会話において「楽しさ<気苦労」 会話を楽し…

9年前、小学生のころに埋めたタイムカプセルの手紙を読む

ついに。 とうとう。 この日が来たようだ。 タイムカプセルの手紙を読む日がな。 今、僕は21歳。 手紙を埋めたのは、12歳のとき。 つまり、9年前に書いた手紙が読めるってわけだ。 小学校の行事で埋めて、同窓会で掘り起こすまでにこれほどの月日が経と…