未熟者の哲学語り

知識ゼロだが「哲学」で幸せになるわ

人、作品、自己啓発についての考察記事を書いていきます。ただし、メインコンテンツは筆者の「自己肯定論」です。

そこの生きづらい人!気づいてくれ!君はHSP(敏感な人)かもしれないんだ!!

f:id:hainesu:20181128105702j:plain

 

「自分は内向的かもしれない」と思っている人は、この記事を読んでいってくれ!

 

「自分は敏感で人と話すと疲れやすい」という人も、この記事を読んでいってくれ!

 

内向的・敏感、これからのワードに心当たりがあるなら、あなたはHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)である可能性が高い。

 

そして、もしHSP(敏感な人)であるならば、あなたは普通の人とは異なる優れた特性を持っていることになる。

 

こんなにも素晴らしい事ってないだろう!!

気付いてくれ、日々の暮らしに生きづらさを感じている、みんな!!! 

気付くだけでいいんだ、人付き合いですぐに疲れてしまう、みんな!!!!

 

僕は、HSPである全ての人に、HSPであることを認知して欲しいんだ!!!!!!!

 

 

 

 

HSPって何だ?

簡単に言うと、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは敏感な人のことを指す。

 

HSPとは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。

HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。なぜなら、HSPは感覚データを通常よりはるかに深く、かつ徹底的に処理しているのだ。

出典:ハイリー・センシティブ・パーソン - Wikipedia

 

大体↑の文章で説明されているので、もっと詳しく知りたい人は出典のリンク先に飛んでみてくれ。

 

ここでは、僕からもう少し詳しく説明してみる。

 

HSPの特徴を挙げるとすると、主に以下の2つになる。

  1. 他の人よりも(特に対人関係の)ストレスに弱く、すぐに疲れてしまう。
  2. 普段から色々と考えるのが好きで、一人の時間を楽しむことができる。

 

この二つに当てはまるなら、まず間違いなくあなたはHSPだと僕は断言できる!

 

どうだろう、当てはまるだろうか?

 

HSPは人口の約五分の一が該当するから、自分が少しでも当てはまると感じたならHSPである可能性が高い。

決して、"稀(まれ)"というわけではない。

 

どこにでもいながらも、少数派としてその敏感さに苦しんできた人々。

それがHSPなんだ。

 

HSPは日常ではとても生きづらい

HSPは、普通の人よりも物事に対して考え過ぎてしまうんだ。

 

「昨日は友達の返信がそっけなかったけど、自分に興味がないのかな…」

「あまり仲良くない人に頼み事された時は、どう返事するのが正解なんだろうか…」

 

HSP以外の人は考えないであろう、裏の裏まで徹底的に考えてしまう。

そうした情報の深い処理によって、HSPの頭の中は情報過多で常にパンク状態だ。

 

HSPは、小さなことに対しても考え過ぎてしまうがゆえに、現代社会では疲れやすくとても生きづらい。

 

「なんで他の人は自分と違って、ストレスがなさそうに生きてるんだろう?」

なんてことを一度は思ったことがないだろうか。

 

そう、それはあなたがHSPであり、普通の人よりも強い感受性を持っていることが原因なんだ。

 

決して我慢する力がないだとか、他の人より劣っているということではない。

ただ単純に生まれた時点で、高感受という"特徴"が備わっただけに過ぎない。

 

生きづらいことを自分のせいにする必要はないんだ。

 

HSPだと気づくと心が楽になるよ!

僕は、HSPである全ての人に、HSPだと気づいて欲しい。

なぜなら、かくいう僕自身が自分がHSPだと気づくことによってとても楽になったから。

 

僕は昔、人とコミュニケーションが上手くいかなかったり、人付き合いを避けてきた自分をダメな奴だと自己嫌悪ばかりしていた。

こんな自分はダメだとか、どうして他の人のようにできないんだろうとか、落ち込むばかりの毎日だった。

 

でも、HSPという言葉を知って、それが自分に当てはまることを知ってから、人付き合いが苦手な自分を責めることが無くなったんだ。

生まれつきの特性だから自分ではどうしようもない、しょうがないじゃないかって自分を認めてあげることができるようになった。

 

逆に、HSPだということを気づけないままだと、いつまで経っても自分を受け入れることができなくなってしまう。

先天的な特徴である「敏感さ」を治そうと四苦八苦しても、それは土台無理なことだから。

 

だからこそ、自分がHSPだと気づくことはとても大事なことなんだ。

 

HSPである全ての人に気付いてほしい!

これを読んでくれてる人たちはHSPの人が多いと思う。

もしかしたら、興味本位で見に来てくれた人もいるかもしれない。

 

そんなみんなに頼みごとがある。

 

もし周りにHSP(敏感な人)っぽい人がいたら、

「〇〇さんは、HSPかもしれませんよ。気になった際は一度調べてみて下さい(*^-^*)」

と言ってあげてくれ!

 

そのたった一言で、救われる人がこの世界には五万といるんだ。

いや、正確には(75÷5=)17億人もHSPは日常に潜んでいるんだ。

 

リアルでもネットでも何でもいい。

HSPという概念を気づいてしまった人たちはもれなく、それをより多くの人に広めてほしい。

 

願わくば、僕はHSPである全ての人がHSPであることに気づき、より幸せな人生を送って欲しいと思っている

 

それが実現することほど素晴らしい事なんてないさ!!!

 

 

届けえええええええええええ

 

 

この想いッッッ!!!!!

 

 

うおおおおおおおおおおおお

 

 

 

って感じで、熱い想いを乗せて記事を締めたいと思う!

 

全てのHSPに幸あれ!

 

それでは、また。

 

 

HSPについては他にも書いてあるぞ!