未熟者の哲学語り

知識ゼロだが「哲学」で幸せになるわ

人、作品、自己啓発についての考察記事を書いていきます。ただし、メインコンテンツは筆者の「自己肯定論」です。

【解説】アニメSAOに出てくる女の子全員を5段階評価で格付けする【ソードアート・オンラインⅠ・Ⅱ】

f:id:hainesu:20180929223832p:plain

 

SAOあるある言いたい。

  • アニメは1期より2期が好き。
  • でも、原作は読んでない。
  • 聞いてないw

 

ていうところで、本題に入る。

 

今回は、アニメSAOに出てくる女の子全員を5段階評価で格付けしたいと思う。 

 

なお、できるだけ男の影を出したくないので主人公の表記はKiritoで統一する。

一人だけローマ字にすれば故人みたいで印象薄くなるはず。

 

評価基準はゲーム貢献度精神力可愛さギャップの4つ。

それぞれの評価値が高いほど魅力的な女性ということになる。

 

では、男の男による男のための女の子を愛でる記事を始める。

 

 

 

アスナ(結城明日奈)

f:id:hainesu:20180927232506p:plain

 

人物紹介(cv戸松遥) 

自制心が高く強い意志を持っていて、ゲームをクリアしてSAOの世界からいち早く脱出したいと思っている。

KiritoとはSAO一階層のボス討伐隊で初対面する。そして、吊り橋効果的な何かが重なった結果、Kiritoと結婚することになる。結婚することになる。大事な事なので二回言った。死に瀕することで生(性)への渇望が高まったのかな…。

 

評価 

ゲーム貢献度 ★★★★★

精神力    ★★★★★

可愛さ    ★★★★☆

ギャップ   ★★☆☆☆

 

解説 

・ゲーム貢献度(5)

SAOではダンジョン攻略で第1階層から第75層(最終層)まで、常に最前線で戦い続けた。純粋な戦闘力ではトップクラスの実力を誇る。

さらに、彼氏であるKiritoに対して公私共に尽くしまくる。容易く美少女に尽くされる喜びを知るな。もっと努力して苦しみながら勝ち取れ。

 

・精神力(5)

自分が死ぬことよりも信念を曲げることを嫌う芯の強さを持っている。

ALOに閉じ込められ時の「私の心は絶対に屈しない」感がすごく良かった。直前に『Fate』を見てたので、凛(cv植田佳奈)とかぶって見えた。この高潔さなら間桐家の養子に出されても耐え抜きそう。その時は、全力で蟲に感情移入するわ。

 

・可愛さ(4)

美少女だからなのか、お嬢様だからなのかは分からないが、およそ現代女子にはいないであろう複雑に編み込まれた髪型をしている。見た目や言動からイイ女臭がぷんぷん漂ってて、実際に話しかけられたら絶対にキョドる。

髪の毛は良い匂いがするらしい(多次元的考察)。意識のないフルダイブ中を狙って髪の毛をふるふるしてスーハーしたい(cv子安武人)。あと、ついでに意識のない間に両親公認の盛大な結婚式をあげてやりたい。でも、寝てる間は唾液が出ないから口臭そう。髪の毛の良い匂いと口の臭さが合わさって、風呂に入らない臭さを香水で誤魔化す西洋人みたいになってそう。

 

・ギャップ(2)

見た目通りでそんなに内面とのギャップは感じられない。安定感と引き換えに意外性が失われてしまっている。

というか、精神面が成熟し過ぎてて本当に高校生なのか疑いたくなる。たぶん女の子だから男の子より精神的な成長が早いんだね。そうに違いない。

 

 

サチ(本名不明)

f:id:hainesu:20180927005120p:plain

 

人物紹介(cv早見沙織) 

Kiritoが気まぐれで所属した駆け出しギルド『月夜の黒猫団』のメンバーの一人。臆病な性格の持ち主。Kiritoにのみ本心を明かしていて、信頼を寄せている。

SAOダンジョン内のトラップ部屋に閉じ込められた際、モンスターの攻撃でHPが0になり死んでしまう。

 

評価 

ゲーム貢献度 ★★☆☆☆

精神力    ★★☆☆☆

可愛さ    ★★★☆☆

ギャップ   ★★★☆☆

 

解説 

・ゲーム貢献度(2)

怖がりな性格なのに無理やりパーティーの前衛に転向させられてしまう。男4:女1という男女比で女の子が前衛に回るとか、パソコン研究会貧弱すぎない?「ゲーム内の強さは現実での喧嘩の強さに比例する説」を唱えたくなる。

 

・精神力(2)

現実世界でも交流のある友達とパーティーを組めているが、「死への恐怖」に常に苛まれている。Kiritoが仲間に加わってからは、寂しい夜を毎日一緒に添い寝する仲になる。たぶん他4人の男もみんな狙っていたので、これもう完全にネトラレだあ…。

精神力★1と行きたいところだが、あらかじめ自分の死を覚悟してKiritoにメッセージを残す辺りの有能さを加味して★2。

 

・可愛さ(3)

パソサー(パソコン研究会)の姫なだけあって、容姿は童貞受けの良さそうな地味カワ系。黒髪、おかっぱ、ショートカット、たれ目、泣きぼくろ、色白、という隠しきれない幸薄感を持ち合わせている。幸薄顔には幸薄顔らしい末路が用意されてたわけだ(視聴者感)。

 

・ギャップ(3)

他のパーティーメンバーに対しては気丈に振る舞っているが、実際は死ぬことをめちゃくちゃ怖がっている。もうほんとに怖すぎて不眠症になるくらい。できれば最初の街からすら出たくない。怖すぎて出会ったばっかの男とベッドで添い寝しちゃう。

こういう外面と内面のギャップによる萌え要素はかなり大きいと思う。そんでもって、早見沙織の震え声尊いんだよなあ。ちな、筆者の好きな女性声優のtop3に入ってる(聞いてないw)。

 

 

シリカ(綾野珪子)

f:id:hainesu:20180927155419p:plain

 

人物紹介(cv日高里菜) 

職業ビーストテイマーの少女。SAO内ではアイドル的な可愛さで密かなファンも多いらしい。モンスターに追い詰められた際にKiritoに助けられ、その後仲良くなる。

 

評価 

ゲーム貢献度 ★★★☆☆

精神力    ★★★☆☆

可愛さ    ★★★★☆

ギャップ   ★★☆☆☆

 

解説 

・ゲーム貢献度(3)

戦闘では、ペットの鳥型従獣ピナと共に近接攻撃をするスタイル。ただし、あまり強くはない。VRMMOはSAOが初めて。

ドジっ子属性を持っていて、SAOキャラ唯一のパンチラ要因。場を和ませることに特化した文字通りのマスコットキャラである。パンチラ後に見せる赤面した表情は正直カワイイ。

 

・精神力(3)

割と気の強い性格をしていて、嫌なことは嫌とハッキリ言える。

また、Kiritoの悩みに常に好意的な解釈で返すという、高い慰め力を保持している。

 

・可愛さ(4)

レギュラー・シュリンプ・ツインテールという若者にしか許されない、なかなか難易度の高い髪型をしている。Kiritoが自身の妹と重ねて見ていることから、作品内でもかなり幼い容姿で見られていると予想できる。

声も典型的な萌え声なので、ニコ生とかで生主デビューしたら人気出そう。

 

・ギャップ(2)

可愛い見た目で男に媚びてそうだが、実際は意外とあっさりした性格をしている。

同性からの理不尽な妬みがすごく、男に不自由している女性を内心では見下している(妄想)。特にそんな描写はなく、Kiritoの取り巻きの女性陣とも仲良くやっているようだ。

 

 

リズベット(篠崎里香)

f:id:hainesu:20180927195434p:plain

 

人物紹介(cv高垣彩陽) 

SAO内で武具店を営んでいるマスターメイサーの少女。アスナと仲が良い。Kiritoとは、剣の作成依頼で店に訪れた際に知り合う。Kiritoのことを好きになり告白するも、アスナに譲る形で失敗に終わる。

 

評価 

ゲーム貢献度 ★★★☆☆

精神力    ★★☆☆☆

可愛さ    ★★☆☆☆

ギャップ   ★★★★☆

 

解説 

・ゲーム貢献度(3)

メイサーとして主人公達の武器作製を一手に引き受けている。一応戦闘も少しならできる。

SAO内で出会いを探していたので、もしかしたら店に来る客を狙った出会い厨なのかもしれない。押しに弱そうなので頼んだらy(ry

 

・精神力(2)

純粋な性格なので煽り耐性等は低い。楽しいことであれ悲しいことであれ感情が増幅してしまう傾向にあるので、精神攻撃とか弱そう。たぶん、彼氏がNTRされる幻覚とか1,2回見せるだけで精神崩壊すると思う。実際、親友のアスナがKiritoに気があると感じた途端に、自分はKiritoに告白するのを諦めてるからね。

 

・可愛さ(2)

髪型は所々髪の毛が跳ねていて乱れている。ガサツな言葉づかいで男勝りな性格をしていて、男性に囲まれて育ったことが見て取れる。

外面だけだと女性らしさはあまり感じられない(ただし、外面に限る)。

 

・ギャップ(4)

男勝りな性格の子あるあるだが、内面がめちゃくちゃピュアなまま保たれている。垣間見える純粋な乙女心に、胸の高鳴りを隠し切れない。男擦れしていない精神に土足で踏み込んで自分色に染めてやりたい。

ギャップ萌えこそが至高であり、意外性にこそトキめきがメモリアルされているんだ。 

 

 

リーファ(桐ケ谷直葉)

f:id:hainesu:20180928231055p:plain

f:id:hainesu:20180928233200p:plain

 

人物紹介(cv竹達彩奈) 

Kiritoの実の妹(実はいとこ)。剣道一筋で全中ベスト8の実力を誇る。明るい性格をしていて控え目に言ってカワイイ。

Kiritoとはお互いの正体を知らないままALOで出会い意気投合する。

 

評価 

ゲーム貢献度 ★★★★☆

精神力    ★★★★☆

可愛さ    ★★★★☆

ギャップ   ★★☆☆☆

 

解説 

・ゲーム貢献度(4)

ゲーム経験はほぼALOしかない。ただ、戦闘はそこそこ強い。ALOの分野でなら、主人公陣の中で一番の理解がある。あと、妹なのでゲームを誘いやすい。断られるのって地味に傷つくからね…。

 

・精神力(4)

こと恋愛においての不幸度が、他の追随を許さないレベルでぶっちきりに高い。ずっと兄だと思ってたKiritoが実は"いとこ"だったと知り、淡い恋心を抱きつつも2年間SAOからの帰還を待つ。やっと帰ってきたと思ったら、まさかの彼女連れ。ゲームの世界に逃げて違う男を好きになるも実はソイツがKiritoだったという天文学的確率な展開。

可哀そやろ。これで精神崩壊しないとか君はこの淀んだ現代でさえ明るく照らし出しまう天照大御神か?末代まで信奉することを誓いたい。

 

・可愛さ(4)

どこかで聞いたことのあるような"お兄ちゃん"という響き。こんなにもお兄ちゃんという響きが似合う声も珍しい。毎朝スポーティな美少女妹に起こされる人生を送ってみたかった。

見た目が良いのはもちろんだが、スタイルもめちゃくちゃ良い。胸がデカい。デカすぎて地震の初期微動が起こる前に共鳴して揺れ始めそう。たぶん中の人の体形が忠実に再現されているんだろう。

 

・ギャップ(2)

ギャップはそこまで見られない。つま先から頭のてっぺんまで含めて全てから陽の気が漂っている。しいて挙げるなら、「お兄ちゃん」だけじゃなくて「兄貴」とか「お兄」とか色々織り交ぜてほしかった。外では「兄貴」、家では「お兄ちゃん」とか使い分けられると萌えるよね。まあ、姉妹いたことないんだけどさ…

 

 

シノン(朝田詩乃)

f:id:hainesu:20180929141008p:plain

f:id:hainesu:20180929133949p:plain

 

人物紹介(cv沢城みゆき) 

5年前に強盗を拳銃で射殺してしまったことが原因で、状況結合性パニック障害を患っている。ゲームの世界で強くなれば現実でも強くなれると信じている。 

KiritoとはGGOでの案内を頼まれたところから仲良くなる。

 

評価 

ゲーム貢献度 ★★★★☆

精神力    ★★★★☆

可愛さ    ★★★★☆

ギャップ   ★★★★★

 

解説 

・ゲーム貢献度(4)

精神的な成長を目的としてゲームをプレイしていて、ゲームにただの遊び以上の価値を見出している。ゆえに他のプレイヤーとは本気度で一線を画す。

GGOしか遊んだことがなかったが、Kiritoと会った後にALOも始める。ALOでは銃がないので弓を使う。近距離過多の主人公陣にとって、貴重な遠距離攻撃持ちであることも評価が高い。

 

・精神力(4)

幼い頃に、正当防衛だとは言え殺人を犯してしまったという大きなトラウマを抱えている。自身のことを「弱い」と評価しているが、苦しみながらも戦い続けることができてるので精神力は明らかに高い。

デカすぎる過去を持っているがゆえに、日常ではあまり物怖じすることなく冷静沈着。精神面での成熟度がやはり高校生とは思えない。

 

・可愛さ(4)

見た目は地味だが確かな可愛さがある。言うなれば、地味カワ系の極致。言動の節々から凄まじい女性らしさを感じられる。日本男児に受けそうな一歩後ろを歩いてくる古風な女性という感じ。

 

・ギャップ(5)

ゲームと現実でのギャップが大きすぎて、もはやクレパス。ギャップ萌えというのは単なる足し算ではない。掛け算。階乗。いや、累乗。 無限の可能性が広がり続けるコスモスだ。彼女の両面を愛すとともに、その大きな溝による衝撃の心地よさを感じてほしい。

現実では古風おしとやか女子、ゲームでは強気クール女子。この雄大なクレパスに挟まって永久に凍結されて永遠の喜びを感じていたい。そんな人生があっても良いと思う。

 

 

安岐ナツキ(看護師)

f:id:hainesu:20180929134751p:plain

 

人物紹介(cv川澄綾子) 

Kiritoのリハビリを担当した看護師。ついでに、GGOログイン時の体調モニターも任される。

自分のことを美人だと思っちゃってる痛い人。まあ、実際美人なんだけど。

 

評価 

ゲーム貢献度 ★★☆☆☆

精神力    ★★★★☆

可愛さ    ★★★★☆

ギャップ   ★☆☆☆☆

 

解説 

・ゲーム貢献度(2)

Kiritoのリハビリや体調管理など、ゲーム外でのケアを務める。ゲーム自体はプレイしない。

 

・精神力(4)

KiritoがSAO内で人を殺したことを悩んでいる時に、優しく慰めてあげる優しさを見せた。慰め方は"優しい声"で"抱きしめる"スタイル。Kiritoはもう何回も裸姿を見られているので、実質肉体関係と言っても過言ではない。こんな美人看護師とイチャイチャできるとか命がけのデスゲーム様様だわ。青春の2年間を犠牲にしてでも囚われる価値はある。

 

・可愛さ(4)

見た目で年齢が分からないタイプの人。たぶん28くらい。若い女性しか登場しない本作品中では、熟女ポジに分類される。

作中トップのエロさ。醸し出されるフェロモンが凄すぎて、病院内の男性の視線を一手に引き受けてそう。世界線が違ければ想像妊娠とかするレベル。患者が下手に恋しても絶対すでに教授の愛人かなんかでしょコレ。

 

・ギャップ(1)

ギャップは特にない。見た目通りドエロ包容力おばさん(失礼)。

あるとしたら、生粋のドMで虐げられたい願望があるとかかな。その場合はマスターになって隷属させて、一緒に聖杯獲得を目指してくれそう。そんな同人誌がすでにあるという事実。は無い。

 

 

ユウキ(紺野木綿季)

f:id:hainesu:20180929211835p:plain

f:id:hainesu:20180929222053p:plain

 

人物紹介(cv悠木碧) 

小規模ギルド『スリーピングナイツ』のリーダー。幼い頃の不適切な輸血によって、エイズにかかってしまっている。SAO事件を契機に、仮想空間に意識を移すことで肉体の痛みを取り去る機器"メディキュボイド"の被験者になる。

アスナに出会ってから様々な楽しい経験を積み闘病するも、大勢のMMOプレイヤーに看取られつつ息を引き取る。

 

評価 

ゲーム貢献度 ★★★★★

精神力    ★★★★☆

可愛さ    ★★★☆☆

ギャップ   ★★★☆☆

 

解説 

・ゲーム貢献度(5)

メディキュボイドを装着することで、3年間ずっと仮想空の中だけで過ごしている。それに伴って、ALOにおいて作中で最強の実力を持っている。彼女にとっての仮想空間は現実そのものである。

また、医療やARなどへの仮想技術の発展に自身の体をささげることで多大な貢献をした。

・精神力(4)

死が間近に迫っていながらも悲観にならず、今を全力で楽しむ気概がある。

そもそも3年間もゲームの中にいて気が狂わないのが凄い。末期患者系Youtuberでデビューしたら地味に人気出そう。という冗談は笑えないのでやめよう^^

・可愛さ(3)

子どもらしい無邪気さが光る。僕っ子。だが、嫌悪感は微塵もなく気持ちいいほどに爽やか。

言わずもがな、声が良い。朗読が上手い。声優とか向いてるんじゃないかな(すっとぼけ)。初見の奴は、死に際に見せる迫真の演技に震えろな。

・ギャップ(3)

明るい性格の裏に大きな闇を抱えている。

結末が悲しすぎて10人中9人は泣くと思う。ワンピースで例えると、チョッパーがDr.クレハのもとを旅立つシーンくらい泣ける。個人的には魚人編でナミがルフィに助けを求めるシーンの方が好きだけど。

 

 

格付けランキング

せっかく女の子達に評価をしたので格付けランキングもついでに作ろうと思う。

 

1位(17pt) シノン(朝田詩乃)

2位(16pt) アスナ(結城明日奈)

3位(15pt) ユウキ(紺野木綿季)

 

ランキング上位に来るのは、必然的に出た回数が多い人になりやすい。

 

まあ、シノンが1位なのは完全に筆者の趣味だけど。 

 

エゴを通して何が悪い。

 

ああ、沢城みゆみの声をしたギャップ萌えを感じられる娘と付き合いたい。

 

【おまけ】女の落としパターン

最後におまけとして、Kiritoさんの女性の落としパターンを紹介する。

 

彼の女性の落とし方は、「ゲーム内で圧倒的な実力を見せつけて、その力強さに惚れさせる」ことだと思われがちだが、実は違う。

 

正確には「普段は冷静でいてリーダーシップを見せつつ、要所で精神的な"弱さ"を見せつけることで共感同情を買う」という落とし方である。

 

ただ力強いだけの人物には、憧れは抱いても親近感を抱くことはない。

人間的な弱さを見せることで初めて、尊敬は恋心へと変化する。

 

 

 

ってところで、そろそろ記事を締める。

 

長いとこお付き合い頂いてありがとう。

 

それでは、また。

 

 

↓関連記事