未熟者の哲学語り

知識ゼロだが「哲学」で幸せになるわ

HSP(過敏感)の筆者が、人・作品・自己啓発についての考察記事を書いていきます。

何だこの魅力的な女性は!【キャプテン・マーベル】

f:id:hainesu:20190315173221j:plain

 

どうも皆さん、ハイネス(@hai_nesu)です。

 

今日つい先ほど、映画『キャプテン・マーベル』を4DXで見て来ました。

 

本作品は、アベンジャーズ系列ということでド派手な戦闘はもちろんですが、「失われた記憶を取り戻す」というサスペンス要素も盛り込まれています。

 

今までとは一味違った作風になっているので、新鮮な気持ちで楽しむことができました。

 

ということで、以下感想を書いていきたいと思います。

 

 

 

主人公が魅力的すぎる

はい、これに尽きます。

 

女性として、そして、一人の人間としての魅力が留まるところを知りません。

 

挙げ始めるとキリがないですが、ざっとこんな感じです。

  • 絶対に挫けない強い精神。
  • 自分本位でなく、大きな使命に沿う行動指針。
  • 何事にも本気になれるエネルギッシュさ。
  • 多くの人を惹きつけるユーモア。
  • 他人の気持ちに寄り添える優しさ。
  • 一目で見惚れてしまうほどの美しさ、スタイル。

 

こんな女性が現実にいたら、膝ガクブルでまともに目すら合わせそうにありません。

 

圧倒的な存在の前に、「おおぉぅぅ…」って嗚咽することしか、僕にはできないでしょう。

 

それくらいに、彼女は眩しいほどに輝く存在感を放っていました。

 

画像を見て落ち着こうか

まだ慌てる時間じゃない。

 

そうだ、彼女の画像を見て落ち着こう。

 

 

f:id:hainesu:20190315175709j:plain

 

ブロンドヘアーがきらめいています。

 

あと、目力が強いのも良いです。

 

f:id:hainesu:20190315180018j:plain

 

さすが米国女優だけあって、ありえないほど画面映えしています。

 

完成されすぎてて、漫画の一コマみたいです。

 

f:id:hainesu:20190315180245j:plain

 

こんな非現実的なスーツを着ているのに、きちんと現実に馴染んでるのが凄いです。

 

「日本よ、これが映画だ」と言わんばかりのドヤ顔にも、納得せざるを得ません。

 

f:id:hainesu:20190315180628j:plain

 

革ジャンも着こなします。

 

この服装、素直に好きです。

 

f:id:hainesu:20190315182041j:plain

 

しっかり筋肉もあります。

 

男性に負けないくらい、肉体も強いです。

 

f:id:hainesu:20190315182205j:plain

 

空も飛べます。

 

言い値でいいんで、このスーツ欲しいです。

 

 

どうにかして付き合えないか?

彼女が冒頭1分で登場してから、この映画が終わるまで、ずっと同じことを考えていた。

 

なあ、どうにかして彼女と付き合えないか?

 

そんな素晴らしい世界線があってもいいんじゃないか。

 

恵まれない日本男児に一つぐらい奇跡が起こったっていいんじゃないか。

 

叶わない夢を望み続ければ、その先の希望という名の理想郷にたどり着けてもいいんじゃないか。

 

 

 

そうやって、映画館から家に帰るまでの10分間考え続けてみて、気付いた。

 

 

 

 

 

あっ、無理だ。

 

 

 

 

 

というところで、今回は以上。

それでは、また。