未熟者の哲学語り

知識ゼロだが「哲学」で幸せになるわ

僕が証明したい事はたった一つ。「内気な人間でも幸せになれる」ことだけだ。

【思考を変える】現実逃避から脱却する方法とは

f:id:hainesu:20180623231752j:plain

週末に・・・頑張れない。

 

それこそが現実逃避だ! 

 

 

現実逃避は心への

現実逃避とは、仕事・学業といった生活の基盤となる活動から目を逸らし他の趣味などの娯楽に打ち込むことです。

適度な範囲で趣味に打ち込むのは逃避ではありませんが、やるべきことがあるのにそれを無視して楽しい趣味に走るのは完全に現実からの逃避です。

 

大事なのは、勉学などの自分磨きの方が趣味などの現実逃避よりも大事だと自分で気づいているにも関わらず現実逃避に逃げてしまうという点です。

 

つまり、自分磨き>現実逃避という関係を頭では把握しているのに、実際には現実逃避>自分磨きという優先順位で行動してしまっていて、ここに人間の思考と行動の間に矛盾が生じてしまっているのです。

 

リアルの生活での向上心を捨てて趣味に没頭できれば満足というのなら別にいいのです。

ただ、現状に満足せずより良い人間として成長していきたいのなら、やはり現実逃避から脱却しなければいけないでしょう。

 

そして、現実逃避の恐ろしさとは現実から目を背けて己の成長を止めてしまうことだけにあるのではなく、その思考と実際の行動とのギャップによって生じた自身への失望感と絶望感にこそあるのです。

 

自分を愛したければ今すぐ現実逃避をやめなければいけない。

そう、だからこそ、私はもう現実逃避をやめたいんだ。

 

現実逃避はもはや現実を凌駕してしまっている

なぜ私たちは頭ではいけないことだと分かっていても現実逃避をやめることができないのか。

それは、現実逃避が逃避としてのその枠組みを飛び越え、現実そのものを凌駕してしまっているからに違いないだろう。

 

私たちは現実逃避をあまりにも甘く見すぎている。

私たちが現実逃避というものに大きい価値を見出しているからこそ、私たちはこの現実逃避をやめることができないんだという現実を直視するべきだ。

 

つまり、現実逃避を過剰に評価してしまうというこの認識の誤りを正す必要があるのだ。

 

自分という一人の人間をさなければならない

現実逃避への過大評価を打ち消す方法は一つだけだ。

 

簡単なことです。

自分という一人の人間を愛してあげればいいんです

 

現実逃避をしてしまう原因はその言葉通り現実に価値を見出せない、または現実への無力感を感じていることです。

その両者の原因をまとめて解決する方法と言えば、それは自分を愛しその自分の生きる人生を愛すというのが王道でありながらにして意外と見落とされがちな方法でしょう。

 

自分が、自分らしく、自分一人だけで最も成長できる道を探そうと心から願いそう頭の思考回路を変換することができれば、おのずと自己研鑽の道へと進んでいくことができます。

 

人なら誰しも、誰かのために尽くしてあげたいと思った経験が一度はあるはずです。

その時、誠実な心を持って一生懸命にその人のためだけを思って臆せず行動することができたでしょう?

その尽くす精神を自分に向けてあげればいいんです。

人生を生き抜くには多少ナルシストになるぐらいがちょうどいいんですよ。

 

こそが世界を救うのです。。。

 

 

ってなわけで、今回はここらへんで失礼します。