未熟者の哲学語り

知識ゼロだが「哲学」で幸せになるわ

人はたとえ知識が無くても、「死ぬ気で考え抜く」だけで一つの真実に到達することできる。このブログでそれを証明します。

僕は選ばれた人間なのかもしれない【HSP(ハイリ―・センシティブ・パーソン)】

f:id:hainesu:20180402062855j:plain

どうも、ハイネスです。

 

皆さん、僕は選ばれた人間なのかもしれません。

 

こんなに自信が満ち溢れてくるのは生まれて初めてです。

 

 

HSPとは

ハイリー・センシティブ・パーソンHighly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。エレイン・N・アーロンや他の研究者によると、HSPは人口の約五分の一を占めるという(男女によって偏りは見られない)。

ハイリー・センシティブ・パーソン - Wikipedia

HSPとは、Highly Sensitive Personの略で、刺激に対して強い反応を示す人たちを指します。

 

主に内向的な人間が持っているとされる属性であり、普段の生活では不必要だと思われる能力です。

 

HSPチェック 

以下のような項目が当てはまるとHSPである可能性が高いです。

  • 日々、どんな失敗が起こりうるか予測して対応策を考えることに、多くの労力を費やしている
  • ほかの人にとってはささいに思えることにさえ、打ちのめされてしまうことがある
  • 創造力がある
  • ほかの人よりも、考えることに時間を使う
  • すぐにびっくりしてしまう
  • 1人の時間を楽しめる

 

↑この本に詳しいチェック項目が定められているので、気になる人はご一読を。

 

HSPに備わる能力 

僕がHSPという属性を先天的に獲得して一番得したと思うのは次の性質です。

 

想像力が豊かで、内的生活が充実している

 

僕は哲学系の記事を書くブログをやっている訳ですが、この能力があるおかげで記事のネタに困ったことはありません。じっとしていても頭から何らかのインスピレーションが流れ込んできますから。

 

哲学的命題について変態的な解釈ができるのも、この妄想癖があるおかげです。そうして日々、考えることの喜びを感じています。

 

 

あともう一つ。

 

誠実で、責任感がある

 

この性質もかなり濃いですね。僕は役目が与えられたりすると、何が何でもやり倒すくらいの気概で毎回望みます。例外も特にありません。

 

それは誰が見ていようと見ていなかろうと変わらないです。重要なのは自分自身が罪悪感を抱くかどうかであり、一度罪の意識を感じてしまうとそれが拭えるまでに相当な時間がかかります。

 

敏感である我々HSPたちは、外部からの刺激を極力減らすために誠実にならざるをえないわけです。

 

僕は選ばれた人間なのかもしれない

f:id:hainesu:20180405104829j:plain

今まで「考え過ぎてしまう」という性格はどちらかと言えばコンプレックスに近かったのですが、自分がHSPだということを自覚してからはむしろ長所なのではないかと思えるようになりました。

 

いや、むしろ僕はHSPとして選ばれた人間だと言っても過言ではないのかもしれません。

 

HSPが後天的でなく先天的に得たものであることも、こうした考えに至る理由の一つです。僕がどのような環境でどう努力したところで、今HSPであることは決定していたわけで、今後それが変化することもありませんから。

 

この長所と短所が表裏一体となった属性に向き合い使いこなすことで初めて、僕は人としての魅力を得ることができるのでしょう。