未熟者の哲学語り

知識ゼロだが「哲学」で幸せになるわ

HSP(過敏感)の筆者が、人・作品・自己啓発についての考察記事を書いていきます。

共感力に関わる「人間の欠陥」についての考察

f:id:hainesu:20190119002516j:plain

 

筆者の僕には、最近よく考えることがある。

 

果たして、この地球上の人間全てが等しく幸せになることはできるのだろうか?

 

一部の人間でも、多数の人間でもない。

言葉通り、"全て"の人間が幸せになる方法はあるのかという話だ。

 

僕には、この問題が気になって仕方がない。

 

この問題を解決せずに、全体の幸せについて語っている人を見ると吐き気がしてくる。

 

僕は僕のこうしたひねくれた思考回路から、この正解のない世界を生きるのがとても辛い。

こんな意味の分からない人生において屈託のない主張を続ける人たちの思考が、全くもって理解できない。

 

そして、僕の持つ「感性」と僕以外の他人の持つ「感性」が一つとして同じでないことにより、僕は一生誰にも共感できず、誰にも共感されずに死んでいくのだろう

 

 

 

共感すれば、他者に優しくなるのか?

他者に共感するということは、その他者の感情を自分に置き換えるということだ。

 

つまり、共感すればするほど他者と自分の感情は繋がっていき、自分(1人)の意見を尊重するほど他者(70億人)の意見を踏みにじることになる。

 

君が何か一言発すれば、その一言によりその他の人間の気持ちは踏みにじられる。

嫌な気持ちになっているかどうかはもはや関係がない。

 

アリに共感した"人間"は、アリを踏み潰すことができなくなる。

虫に共感した"人間"は、虫を叩き潰すことができなくなる。

子犬に共感した"人間"は、子犬を殺処分することができなくなる。

 

人間に共感した"人間"は、人間を殺害することができなくなる。

 

いや、違う。

 

人間に共感した"人間"は、人間を殺害することが可能だ。

 

人間はたとえ相手に共感できていたとしても、必要であれば殺すことができてしまう。

もし欠片も共感していないのだとしたら、容易く命を奪い去るだろう。

 

人間は他者を踏みにじり生きている

人間は他者に共感することで、他者に優しくなれるわけではない。

 

人間は他者に共感することで、「自分は毎日他者を踏みにじって生きているんだ」という事実をただ認識できるだけなのだ。

共感すればするほど、自分が他者の感情をどれだけ踏みにじってきたかを理解できるようになる。

 

例えば、昨今問題になっている、セクハラ・モラハラに代表される各種ハラスメントの数々。

これらは共感力がない人たち、つまり、他者を踏みにじっている感覚のない人たちにより主に行われるハラスメントだ。

 

いや、もしかしたら彼らにはしっかりと共感力があるかもしれないし、なかったとしてもこれから共感力が身に着くとも限らない。

そうなれば、ハラスメントを禁止しようとしている人たちはハラスメントをしている人たちの尊厳を踏みにじっていることになるのかもしれない。

 

だが逆に、その被害者たちは加害者たちに対して共感しようとは全く考えていない。

 

自分が踏みにじられたのだから、その加害者を踏みにじることに罪悪感は抱かないのだ。

 

国際的な風潮や自国の世論に則り、自分に危害を加える人間どもに正義の名のもとに鉄槌を下す。

強い抑圧意識と感情の爆発がなければ、既存の被害を無くすことはできないのだろう。

 

必要なのは"加害者意識"

おそらく、人間に必要な要素は"加害者意識"なんだと思う。

 

ご飯を食べる前に「いただきます」と言うのが良い例だ。

あれは、「動物や植物への加害者意識」を認識させるのが目的だろう。

 

人間は日常のあらゆる場面において、他者を踏みにじっているという加害者意識を持つべきなんじゃないだろうか。

 

なぜなら、人間は他者を踏みにじらなければ生きていけないのだから。

 

特に共感力が高い人は、他者を尊重し続けていても、その先に本当の生はないだろう。

 

より良い自分になるということは、今までの過去を否定し、今の環境を否定し、今の自分を否定するということだ。

 

被害者のまま変わろうというのは道理が間違っている。

 

まずは、全ての声に耳を傾け、全ての意見に共感してみてくれ。

 

次に、全ての人間の意志・行動に一応の整合性があることを認識してみてくれ。

 

そして最後に、相手を一人の人間として認めた後に、完膚なきまでに遠慮なく踏みにじってやってくれ

 

それでこそ、公平になるんじゃないだろうか。

 

それでやっと初めて、この地球上の人間全てが等しく幸せになれるのではないだろうか。